カーブス 口コミ

カーブス口コミ

カーブス口コミ

運動には無酸素運動と有酸素運動があります。

 

まず理解してほしいのが、筋トレなど瞬間的に力を発揮する「無酸素運動」では、脂肪を燃焼する事はできないのです。

 

筋トレはダイエットに効果的なのですが、筋トレのみで脂肪を減らすことはできません。その理由として「筋トレは脂肪を燃焼しやすい体をつくる」無酸素運動だからです。

 

筋トレで筋肉を鍛えたとしても、脂肪燃焼させるための有酸素運動をしなければ体脂肪は減らないと言うことです。筋トレを日常的に行っているのに痩せないのは、このような事実があるからなのです。

 

要は筋トレだけでは痩せる体はできません。あくまでジョギングやランニングミルを使用した有酸素運動を取り入れる事が必須です。

 

「ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は必ず筋トレの後に実施しましょう」

 

筋トレは無酸素運動ですが、身体が無酸素状態になることで成長ホルモンが出ます。この成長ホルモンが脂肪分解を促すのです。
また、無酸素状態が長く継続したあとで有酸素運動をすると、身体は思いっきり酸素が欲しくなります。
この状態で有酸素運動をすると、いつも以上に酸素を吸収し脂肪燃えやすくなるというわけです。
運動の順番は非常に大事。最初は体の中の糖質部分が燃焼され、その後に脂肪部分が燃焼されるという順番のため、有酸素運動を行う前に充分にウォーミングアップをして体を温めておく事で効率的な脂肪燃焼が行われます。
お気に入り詳細を見る 一番効率がよく筋肉を鍛えるには、週に2回です。
3回でもいいのですが効率という面では週2回がいいですね。
週1回でも良いのですが1週間を超えるとだんだんと筋肉が衰えてきます。
なにかの用事で行かないと2週間も間が開いてしまいます。

 

最低週2回は通うようにしましょう。有酸素運動は毎日でもやった方が効果がありますが、続かないよりは続けた方がいい。最低週2回以上を目標にジム通いしましょう。
お気に入り詳細を見る 筋トレは負荷を強めていく必要がある
これは聞いたことがある人も多いかと思います。
筋力トレーニングは、同じ負荷を続けていても無意味です。

 

重さを増やして負荷をあげるか、同じ重さで回数を増やすなどしていかなければ効果は薄くなっていってしまいます。
もちろん有酸素運動も心拍数を基準に行うため、だんだんと負荷は上がっていきますが、筋力トレーニングの方が顕著だといえるでしょう。

 

逆に言うと、その分筋トレの効果は初期の段階では実感しやすいともいえます。
高負荷が必要になってくるほど、感じられる効果は薄くなってきますので、基礎代謝がある程度上がったら、筋力をつけることが目的でない限りは有酸素運動へとメインをシフトさせてしまいましょう。

 

出典ジムでのトレーニングは何が効果的?
腹筋500回=スクワット15回 「痩せる筋トレにはスクワット」8カウントでゆっくりが効果的腹筋500回=スクワット15回 。道具もいらず、あいた時間でどこでもできるスクワット。最高の効率で基礎代謝を上げることが出来、やせ体質を作ることで、おなかまわりなどにも自然と脂肪が付きづらくなるそうです。ダイエットに!これを知ったら、やらないわけにはいかないです!^^
大臀筋、大腿四頭筋、ハムストリングスといった「大物」の筋肉をはじめ、下半身じゅうの大小の筋肉群が総動員されます。当然、消費エネルギーも大きいです。下半身の筋肉群を鍛えて3割増できれば、基礎代謝にも大きく影響します。